鶴岡市の注文住宅・間取りプランと坪数|GNIホーム|酒田市 の トップページへ戻る

住宅ニュース一覧

「北欧デザイン」や「カリフォルニアスタイル」、「ヨーロピアンテイスト」など、洋風の住宅が流行る傾向にありますが、昔ながらの「和室」も未だに根強い人気があるのではないでしょうか?
洋風な住まいの間取りで、「アクセントとして1部屋和室をつくりたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。
では現在、具体的に和室・畳はどれくらいの需要があるのでしょうか?


現在、脱炭素社会の実現に向けた取り組みやカーボンニュートラル宣言を受けて、住まいにおけるCO2削減省エネ性能への関心が高まってきています。
世界情勢の影響による燃料価格の高騰により、改めて省エネについて見直す方もいるのではないでしょうか。

今回は、「住まいの省エネに関する意識の変化」にスポットを当ててご紹介いたします。


山形県では、昨年度に引き続き、令和4年度も住宅支援制度が実施されます。
内容は新築住宅やリフォームなどさまざまですが、人気のものはすぐに募集戸数に達してしまうため、募集が始まる前に早めに計画を立てておくと安心です。
今回は、令和4年度に実施予定の山形県住宅支援制度をご紹介いたします。
ご参考になれば幸いです。


テレワークや巣ごもり生活など、在宅時間長期化の影響を受け、住まいの断熱性能について関心が高まってきているようです。
自宅で過ごす時間が増えたことにより、光熱費に頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか。
特に、冬は最も光熱費がかさむため、毎月の出費が気になりますよね。
今回は、住まいの断熱対策についてご紹介いたします。


山形県には、いくつかの住宅支援制度がありますがご存知でしょうか?
令和3年度の補助金申請は既に終了しているものもありますが(令和4年1月14日時点)、中古住宅取得支援は令和4年2月28日(月)まで募集中です。
申込が募集戸数20戸に達した場合はその時点で募集終了なので、この機会にぜひ、中古住宅購入のご検討をしてみてはいかがでしょうか?
今回は、中古住宅取得支援についてご紹介いたします。
山形に移住・定住をお考えの方のご参考になれば幸いです。


今年も残すところあとわずかですね。
この時期になると、朝晩の冷え込みが一層強くなり、室内と屋外との寒暖差にも注意が必要です。
とくに、冬場の入浴時に起こりやすいヒートショックは、家庭内の事故で最も多いとされるため、気を付けたいですね。
また、暖房器具をつけてもなかなか部屋があたたかくならない、その原因のほとんどが「窓」というのはご存知でしょうか?
今回は「窓」における寒さ対策についてご紹介したいと思います。


これから訪れる冬の季節に備えて体調管理など気になりませんか。
新型コロナウイルスだけでなく、毎年インフルエンザや風邪の流行もあるので、しっかりと予防していきたいですね。
「巣ごもり生活」が浸透する中、住まいを心地よい環境に保つほか、健康・衛生への意識が高まってきています。
さまざまな感染対策がある中、今回は「住宅に求められる感染予防対策への取り組み」についてご紹介したいと思います。


最近寒さがぐっと増してきましたね。
朝晩の冷え込みに、冬の気配を感じ始める季節になりました。
「最近、肩こりと頭痛がひどいかも?」
「たくさん寝たのに体がだるい?」
それはもしかしたら「寒暖差疲労」かもしれません。
今回は、季節の変わり目に起きやすい「寒暖差疲労」について、原因と対策をご紹介いたします。



皆さんは将来の夢や目標がありますか?
就きたい職業、理想の暮らし、いろいろ思いつくと思います。
人生設計の一つに、マイホームを建てるのが目標の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
働き始めてまだ年数の少ない20代ですと、家を建てたいけど資金がない、頭金が無いからローンが心配など、夢はあるけど不安で一歩踏み出せない方もいるかもしれません。
今回は、住宅購入について20代の若い世代にスポットを当ててみました。
ぜひ参考にしていただければと思います。


9月1日は「防災の日」です。また、その日を含めて1週間は「防災週間」と定められています。
毎年、地震や台風、豪雨など各地で起こる災害で辛い思いをしたり、ニュースで胸を痛める方も多いですよね。
日頃から、皆さんはしっかり防災対策をされているでしょうか?
今回は、ご自宅の防災対策についてご紹介したいと思います。
外出を控えておうち時間が増えた今こそ、あらためて自宅の防災対策について考えてみませんか?


新商品の紹介になります。
LIXILは2021年09月01日に玄関ドアを後付けで自動ドアに変えることができる電動オープナーシステム「DOAC(ドアック)」に音声操作などの新機能を追加して発売します。
新型コロナウイルス対策として非接触が増える中、玄関ドアノブを触らなくてもお家に出入りができる商品です。
既存のドアはそのまま使用できるので魅力ですね。
ドアの接触が気になる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


グリーン住宅ポイント制度がはじまります。
高い省エネ性能の住宅取得者等に対して、「新たな日常」または「防災」に対応した追加工事やさまざまな商品と交換できるポイントが発行される制度です。
新たな日常とはテレワーク向けのワークスペース設置や菌・ウイルス拡散防止工事など、新しい生活様式に合った工事のことです。
今回はこちらを紹介します。


現在、新型コロナウイルス感染防止対策として手洗いや消毒を行っている方がほとんどでしょう。
今回は、LIXILのどこでも手洗いといったセカンド洗面の販売が好調といったニュースについてご紹介します。


1月末となり寒い日々が続いていますね。
今回は住宅ニュースではありませんが、あらためて弊社の商品でもあるまほうびんの家についてご紹介したいと思います。


2020年も残すところあと約1週間となりました。今年1年は、新型コロナウイルスという感染症の流行により、本当に大変な年でした。
私たちの生活様式を大きく変え、連日ニュースで報道される通り感染者数は増加傾向にあります。
こうした背景から、今年は旅行や外出も控え、家で巣ごもりのお正月を迎える方が多そうです。
おうち時間が増えることで、あらためて家の快適さや利便性を考えてみる機会も増えそうですね。
今回は最新住宅ニュースではありませんが、今だからこそ注目したい、弊社の施工したお客様の家をご紹介したいと思います。