鶴岡市の注文住宅・間取りプランと坪数|GNIホーム|酒田市 の トップページへ戻る

住宅ニュース一覧

1月末となり寒い日々が続いていますね。
今回は住宅ニュースではありませんが、あらためて弊社の商品でもあるまほうびんの家についてご紹介したいと思います。


2020年も残すところあと約1週間となりました。今年1年は、新型コロナウイルスという感染症の流行により、本当に大変な年でした。
私たちの生活様式を大きく変え、連日ニュースで報道される通り感染者数は増加傾向にあります。
こうした背景から、今年は旅行や外出も控え、家で巣ごもりのお正月を迎える方が多そうです。
おうち時間が増えることで、あらためて家の快適さや利便性を考えてみる機会も増えそうですね。
今回は最新住宅ニュースではありませんが、今だからこそ注目したい、弊社の施工したお客様の家をご紹介したいと思います。


11月後半となり、冷え込みが強まってきました。
連日、新型コロナウイルスに関する感染者数が増加傾向にあります。
そこで今年の年末は、帰省や旅行も控えて自宅で過ごす方が多いのではないでしょうか。
お家で過ごす時間が長くなると、今まで気にならなかった箇所や暮らし方にも変化が出てきます。
最近は、そういった背景からお家の中の見直しをして、50万以下のプチリフォームが増えているそうです。どんな工事が増えているのでしょうか。


これから山形県内で新築を建てたい方に朗報です。
令和2年度 山形の家づくり利子補給で7月に一旦抽選が行われましたが、子育て支援型(一般)、耐震建替型については申込受付数が募集戸数に満たなかったため、令和3年2月26日(金)まで募集期間を延長しています。
ぜひ活用してお得に家を建てたいですね。


新型コロナウイルスの感染拡大にともない働き方が変化しています。
テレワークを主体とした働き方となり、わざわざ都市近郊に住まなくても仕事ができるという方が増えているようです。
そんな背景から、今後住宅の購入を考えている方や、住宅ローンの利用を検討中の方など住まいにも大きな影響を与えています。
最近ニュースでも話題になっていますが、地方への「移住」を計画されている方も多いようです。


まだまだ残暑が厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。
今年のお盆は帰省や旅行など遠出の外出を控える方が多い夏でした。
お家時間が長くなったことで家の中の見直しをされた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
マスクや消毒液の使用、手洗いが必須となったことにより私たちの生活様式は大きく変化しました。
今回は、外出先から帰宅後の玄関を中心にマスクや消毒液の置き場の工夫などをご紹介したいと思います。


山形県の発表によると、県内の計5カ所で最上川が氾濫し、浸水被害を受けた住宅は29日午後3時の時点で13市町村の90棟に上り、被害棟数はさらに増えるとみられています。
避難所での生活を余儀なくされていらっしゃる方、被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。
そこで今回は、豪雨被害の住宅関連相談についてのリンクをご紹介します。


新型コロナウイルスの感染防止のための県域をまたいだ移動制限について、6月19日に全国で全て解除となりました。
しかしながら、いまだ首都圏をはじめ、北海道や大阪府、福岡県などでも感染者が確認されています。
まだ完全に終息していないため、今後も新しい生活様式を実践していくことが必要ですね。


政府の緊急事態宣言が5月25日をもって解除されました。
今回の新型コロナウイルスの影響で、経済に大きな影響を与えています。
また、仕事を休まなくてはならない状況が続き、家賃支払いに支障が出たり、住宅ローンを支払えなくなっているケースもあると思います。
山形県営住宅にお住まいの方を対象とした家賃減免や住まいに関する制度について紹介いたします。


世界は今、新型コロナウイルスのニュースがメインに報道されています。
不要不急の外出自粛、学校の休校、テレワーク・・・など今までにない状況に直面しています。
また、住宅業界の中でも住宅設備機器等の納品遅れや救済措置などさまざまなところに影響が出ています。
今回は新型コロナウイルスの影響で、申請の延長などの住宅関連についてご紹介します。


先日、3月11日をもって震災から9年が経過しました。
改めて、震災により犠牲となられた多くの方々とそのご家族にお悔やみを申し上げます。
いつ、どこで起きるか予測できない災害に備えるため、日頃から防災に対する意識付けが重要です。
とはいえ、日々の生活に追われていると後回しにしがちなのが現状です。
今回は、お家の中で気軽にできる防災・地震対策チェックポイントについてご案内したいと思います。


2月後半にもなると花粉情報が気になるこの季節。
コロナウイルスの影響で、マスクが品薄状態となっていますが、花粉症の方にとっては本当につらい状況だと思います。
特に、風の強い日や急に暖かくなる日には注意が必要ですね。
今回の住宅ニュースは、住宅についての花粉対策をご紹介します。


近年、「ZEH(ゼッチ)住宅」が未来を考える新しい住まいのかたちとして注目されています。
これから家を建てるなら「ZEH(ゼッチ)住宅」がぜひおすすめです。
詳細はこちらからぜひお読みください。


読者の皆様、令和という新しい元号に変わった今年一年を振り返ってみていかがでしょうか。今回の住宅ニュースは、台風前に確認すべきお家の台風対策について取り上げたいと思います。


住宅を購入した経験のある方は、どんなタイミングで購入されましたか?
今回は、リクルート住まいカンパニー・(株)アイプラン調べによる、住宅購入のタイミングやどんな住宅に意識が集まっているかといったアンケート調査をもとにお話します。